Home's Blog

HOME > Home's Blog

暖房機はどれ?

こんばんは。堀江です。

昨日のブログで暖炉(薪ストーブ)の話をしましたが、広い意味で空調は何が良いのか?よく考えます。

エアコンだと風が直接あたるのが嫌だし、無垢の床材を使いたいから床暖房はどうかって感じだし。

私の意見では全館空調は施工的に結構無理が生じることが多いです。その結果梁型をたくさん造る必要が出たり配管経路が長かったりするため、天井高が多く取れる物件以外はあまり薦められないと思います。
- | comments (0) | trackbacks (0)

コミュニケーションの場

こんばんは。堀江です。

先日、デザイナーの先生の講演を聞きに行ったのですが、その中で印象に残ったことがありました。

よく「リビングは何帖ほしい」という様に広さを考えますが、ただ広いだけでは人は広いとは感じないそうです。・・・本当に30帖とか有れば広いとは感じますけどね。

人が広さを感じるためには、「人だまり」を設けると有効だそうです。
例えば暖炉などで人が集まるところを作ると、その他のスペースが広く感じるそうです。

暖炉(薪ストーブ)などで、家族みんなが自然に集まるってのは良いですよね。
テレビを見るのではなく、火をいじりながら子供とコミュニケーションをとるなんて、考えただけで暖かくなる感じです。

今はネットで薪も買えるそうで、床暖房とか全館空調とは別な熱源として新たに一つ考えても良さそうですよ。ランニングコストを考えると良いかも?

ちょっとかっこいいストーブを見つけました。vermont_intrepid2.jpg
- | comments (0) | trackbacks (0)

さすが・・・・桧

こんばんは。堀江です。
 
先日の話ですが、リフォームの依頼を請けお伺いした時です。

そのお宅は築10年、在来工法で5年目に一度防蟻処理を施工したそうです。

お客様の話ですと、最近羽ね蟻をよくみるとの事で白蟻が発生していないか、とても心配していました。

そこで、床下に潜って調査をしてみたのですが、床下の乾燥具合は良く、蟻道

も無かったので大丈夫でしょうが、防蟻処理をしてから5年が経っているた

め、そろそろもう一度防蟻処理をしてはどうですか。

という事で帰ろうとしたところ、玄関先で何か違和感が。

恐る恐る框の裏を見たところ、なんと白蟻に喰われていました。


そこで、急遽框をはずしてみたのですが、そこでびっくり。

下地に使っている栂材はたしかに喰われているのですが、土台は全然被害に遭

ってないんです。

よく見ると、その土台は桧でした。

さすが、桧。

改めて桧の防蟻性と耐久性にはびっくりしました。
- | comments (0) | trackbacks (0)

ヒガミ・・・?

お久しぶりです、営業の小山です (f^^;

久しぶりというより、なんと!年を越してるぢゃんって。。。
すみませんね部長さん!

あっというまに、今日は『バレンタインデー』です。
あんまり触れたくない人も多々いるとか。。。まぁ、私もその内の一人なもんですから、余裕顔のY君とか、K君とかはもう帰るとか言っていますよぅ〜
!><!

まぁ、べ・別に愚痴が言いたくて久しぶりに書いてみたわけではないんですが、なんとなく、周りのソワソワ雰囲気に流されないぞ!的な・・・
ごめんなさい、言い訳です、はい。
ちょっとひがんでしまいました、だってマサトまで入籍会見しているし・・・

と・とりあえずまた書きます。
スタッフ日誌 | comments (0) | trackbacks (0)

こんばんわ。堀江です。
先週2月3日(土)のセミナーは大成功に終わりました。

参加してくださったお客様、ありがとうございます。

今後の住宅計画の参考には絶対なったとおもいます。

私もまた、改めて「耐久性のある資産価値の高い住宅」の必要性を痛感しました。

うちの社員の三田は日報で「この人のいうとおりに家を建てれば安心だなと思いました」と書いていました。それくらい彼なりに納得したみたいです。

大田社長、大本専務 夜遅くまでお疲れさまでした。

とても、楽しい一日でした。
- | comments (1) | trackbacks (0)
1/1
pagetop
HOME 会社案内 お問い合わせ・資料請求 サイトマップ リンク プライバシーポリシー