気になる情報欄

HOME > 気になる情報欄

住宅の価値って何だろう?

 どんな物にも 「価値」 ってある。
    しかし、この価値はそれぞれ人によって違う。

    例えばアンティークのダイニングテーブル...
    
        100万円が高いという価値を付ける人もいれば、
        100万円が妥当だという価値を付ける人もいる。
                   さもすれば、安いという人も...


    では、住宅の価値も住む人が、それぞれにつけるもの。


    ただ私が言う住宅の 「価値」 とは、
    築後30年ほど経ってからの住宅のことを意味します。


    買ったばかりの住宅には、
    表面的な薄っぺらな部分の価値しか見い出せない。
    それは、価値ではない。 それぞれの好みの違いでしかない。


      現在、建築後30年程度経過した住宅に、
      私がいう 「価値」 ある住宅はほとんどない。

      逆に、建築後100年以上経過した住宅のほとんどには、
      私がいう 「価値」 がある。


    私が言う 「住宅の価値」 とは、 「風合い」 です。


    ボードの上に塗られた数ミリの珪藻土壁
    メラミン処理された美しいシステムキッチン
    デザイナーズと言わんとばかりのモダンでシャープなツートン色の外観


    こんなものが、30年経過したとき風合いになるのだろうか?
    答は 「NO」 です。 これらは皆、朽ちてゆくものだからです。


    購入した住宅に 30年後...  50年後...  『価値』 を求めるのなら、
    風合いを導き出してくれるだけの、耐久性を備えておかなくてはならない。



    住宅に美しさを求めることは、
    金属にメッキを施しているのに似てる。  そのうち剥げる...

    住宅に安さを求めたら、
    今の建築業者のほとんどが願いを叶えてくれる。

    しかしそこには、数十年後の 風合い 「価値」 はない。     
pagetop
HOME 会社案内 お問い合わせ・資料請求 サイトマップ リンク プライバシーポリシー